●鴨犬

f0022103_1439177.jpg時間潰しのため、ふと立ち寄った釣具の量販店。
わずかばかりの商品が並べられたフライフィッシングコーナーの片隅に、有名釣鈎メーカーである"Gamakatsu"のパンフレットが置いてあった。表紙のパラシュートパターンとおぼしきフライのライトパターンに眼が吸い寄せられた。
私自身は同社のフックとしては、カーブドシャンクのC12、ミッジフックのR13-VH BMというふたつの製品を使っている。最近はフライフィッシングに関する雑誌類を購入しないので、最新の情報というものが手に入らない、そのため新しい製品は店頭に並べられてからその存在を知ることが多い。このふたつの製品に関しても同様に店頭に並べられていたものを勧められて購入したという記憶がある。つまり発売されてから一般ユーザーに行き渡ってしばらくしてから入手したと言うことになる。これはこれで、多くのユーザーの良好なインプレッションがあり、そして店主なり友人なりの進言があり、その後の購入ということで、間違いのない買い物が出来ると言えるかも知れない。つまり売らんがためのセールストークに惑わされることなく良いものが買えるわけだ。私のように、その手のトークや甘言に惑わされやすい人間は、専門雑誌を読まない方が無駄な出費が抑制されていいのかも知れない。

さて、このオーバーとも言えるライトパターンを表紙にしたカタログ、もちろん同社のフライフックのカタログなのだが、中身は新しいフックであるC14-BVという製品を利用して作る「プードル」なるフライパターンのあれこれがほとんどを占める。
「プードル」というパターンについては、随分以前(まだ雑誌を購入していた頃)にどこかの雑誌で見た記憶があったのだが、そのパターンが最近になってスポットを浴びているらしい事を知る。そのパターンの専用として発売されたのが、この製品と言うことで、ひとつのパターンを巻くために出来た専用フックとは「それはそれですごいことなのだなぁ〜」と感心しつつ中を読み進めると「なるほど」と納得することが書かれている。 簡単に感心したり納得したりする私はやはりセールストークに弱い。

と同時に、中に書いてあることについて「???」と感じることもあり「購入には至らないのであろうなぁ」と感じている自分もいたりするわけで、どうやら出費は防げそうである。
by s_1046 | 2006-02-02 15:22 | フライタイイング
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28