効果

釣りを始め、その渓魚を画像として記録するようになったころ、デジタルカメラのデータをパソコンに移し替え、その像をモニタで見るたびに少なからずショックを受けたことが度々。
当然のことながら、渓魚をランディングし、興奮冷めやらぬうちにそれを落ち着けるかのように、魚を愛で、撮影をする時のほうがモニタで見る画像より数段美しいことは理解できる。
だが、少なくとも後日、モニタを介して再び出会った魚たちから、その時の記憶が鮮明に呼び起こされる画像として記録したいと考えるのは、誰しも同じではないだろうか。

中でも、水中に半身を没する渓魚の姿の美しさをカメラに収め、意気揚々と帰宅しパソコンで画像を見たとき、水面からの反射光により没した水中の部分が確認できていなかった時には、残念な思いをした。 しかし、撮影の現場でみた魚は美しく、水中にあるヒレまで綺麗に見えていたのに・・・と、思い起こしてみると、その時私の目の前には偏光グラスというスグレモノがあったのが原因であると気がついた。
それ以来、撮影時のカメラにも偏光レンズをかけさせるのが、習慣となった。
カメラ用にはPLフィルターという偏光フィルターがあるが、そのようなタイソウなものではなく、自分のかけている偏光グラスをレンズの前に持っていくだけのことなのだけれど、シーンによっては絶大な効果を与えてくれる。
もう4-5年前になるだろうか、そのようにして撮影した写真を掲示板に載せたところ、友人のgaryさんが「タレックス効果(Talex Effect)」と命名してくれ、それ以来私の中では、その撮影方法は「タレックス効果」として生き続けている。(本人はタレックスレンズ使ってないんですけどね)
先日も一緒に釣行したLeemanさんが、私の撮影する姿を見て「そうやって撮るんですか?」と感心してくれたが、こうやって撮るんですとしか答えなかったけど、実はそれなりのコツというものがある。

f0022103_19312843.jpg


まず、レンズの色。
ナチュラルな色表現のグレーのレンズしか使えない。
ブラウンとかグリーンとかを使うと悲惨な目に遭うので、ご注意を。

次は、少し専門的な話。
普通、目に見えるものは、可視光という3800Å~7800Å(Å=オングストローム 1000万分の1ミリメートル)という極めて短い周波数の電磁波を人間の視覚が判断して画像にするわけだ。
この可視光に限らず、電磁波というのはお互い直交する電場と磁場の作る振動面に乗った横波で、基本的には単一の波形なのだが、自然光はこの振動面が縦横斜めと複雑にに混じっている。  しかし、面白いことに水面からの反射光というのは、地面(水面)に平行な振動面のみという特性がある。
かたや、偏光グラスというのはレンズの中にスリットを持たせた、言ってみれば「スダレ」のような構造で、普通は縦にスリットが入った状態でメガネフレームにセットされる。
ということは、通常の偏光レンズは縦の振動面の光しか通さないということなので、水面からの横向きの振動面を持つ反射光を見事にシャットアウトしてくれるというわけ。
水中からの光は自然光なので、その光の持つ振動面は無数で、偏光グラスで水平振動面の光を除去しても、画像としての情報は充分に網膜に伝わる。
だから撮影の時に、偏光グラスを出来るだけレンズに密着させて使うことはもちろん、その時カメラの角度がどうであれ、偏光レンズは人間がかけているのとおなじ、縦方向スリットでないと、家に帰ってモニタを見てガックリということになる。
Commented by gary at 2007-06-11 08:39 x
standyさん、おはようございます。
いつも新しい視点から、釣りへの考察に感心させられます。
そういえば、自分から「タレックス効果」などとほざいておきながら、不精な私は、ごく普通に写真を撮り、写りが悪ければカメラのせいにしていました。(汗)
せっかくタレックスを着用しているんで、今後はstandyさんを見習わなくっちゃ。
Commented by standy at 2007-06-11 10:46 x
garyさん、コメントありがとうございます。
ご存知のように、いまだに200万画素級のふる~いデジカメを使用しているワタクシ的には、いろいろ工夫しないと皆様のように綺麗な写真が撮れないので、試しているだけです。  世間では「苦肉の策」といっているらしいですが(笑)。
しかし、garyさん命名の「タレックス効果」は、手軽でありながら確実に効果を発揮しますよ。 (レンズカラーがグレーじゃないといけませんが)
当ブログの写真はヘボイので、その差がはっきりとわからない・・・というのは愛嬌です(汗)。
Commented by amago_fish at 2007-06-11 11:31 x
ひえ~~~っ!凄い裏技です!
私は普段、ブラウンの偏光を好んでいますが
この技の為だけにグレーの偏光欲しくなっちゃいました。
どっかにグレーの偏光レンズだけって売ってないかな~?
Commented by s_1046 at 2007-06-11 13:44
メガネの生産量日本一という地区を地元とする amago_fish さんのオコトバとは思えませんね(笑)。
グレーの偏光レンズだけでも眼鏡屋で売ってくれますよ。
加工がないぶん安いのでは?
でも、それよりオークションあたりでカメラ用のPLフィルターを買った方が安いでしょうね。
中古のものなら1000円以下で手にはいると思います。
遊び半分で買ってみてはいかがでしょう。
Commented by ita-gon at 2007-06-11 20:49
standyさん、こんにちは~。

なるほど~、と言いつつ僕の偏光はピンクなので使えませんね・・。
僕の場合は、露出をややアンダーにして撮影してます。
標準、-0.3、-0.7くらいで一気に撮り上げ後でチョイス。
写真が暗めだと思ったら後でレタッチで修正ですね。
これで結構なんとかなってます(笑)。
Commented by s_1046 at 2007-06-11 22:48
ita-gonさん、こんばんは。
私は水没歴2回、修理歴1回の博物館もののデジカメを使っているので、露出の調整なんていうスーパーテクニックが使えないんです。
ですから何枚撮っても同じような写真ばかりです(笑)。
でも、何枚も撮ります。 そして、ピンボケじゃないのをチョイスしてます(爆)。
Commented by amago_fish at 2007-06-12 07:37 x
お馬鹿さんなのでヨドバシカメラの通販でPLフィルター買っちゃいました^^;
送料込みで1800円くらいでした。
勢いで買っちゃったのですがPLフィルターってのも使用に際して縦横方向の使用制限って
あるのですか?
無知ですいません....教えてください。
Commented by standy at 2007-06-12 11:28 x
amago_fishさん、素早いですねぇ~。
1800円くらいだと、一般タイプのPLフィルターですね、多分。
厳密にいうとオートフォーカスカメラに一般タイプを使うと、測光誤差が出るといわれており、円偏光というタイプを使うことが勧められていますが、シビアな撮影でなければ問題ないと思います。(私など度付きの偏光グラス使っているくらいですから)
さて、本題のフィルターのスリットの方向ですが、お手持ちの偏光グラスと重ね合わせて、どちらかを回転させると、真っ黒に見える角度があります。 その時偏光グラスとPLフィルターのスリットの角度が直交している状態なのでPLフィルターのスリットの方向が分かります。
あとはPLフィルターに目印でもつけて置けばよいのでは?
もしこの説明で分からなければメールでも下さい、もう少し長い文章をお送りしますよ。
Commented by nao at 2007-06-15 08:55 x
standyさん おはようございます。

今週末は晴れそうですね。期待できそうです。
毎回、きれいな写真が載ってますね。
デジの一眼ですか。
Commented by standy at 2007-06-15 16:49 x
naoさん、いらっしゃい。
週末はお互い頑張りましょうね。
デジカメは・・・ずいぶん以前の200万画素のヤツです。
背面の液晶も小さくて画像の確認もしにくいので買い換えたいのですが、まだ使えるので使ってます。
by s_1046 | 2007-06-10 20:04 | アイテム&ツール | Comments(10)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31