中敷

f0022103_224557.jpg


膝痛に悩まされた今期。
それとは別に長距離を歩くと、足の踵と親指の付け根が痛むことが多くなってきた。
以前から原因は知っていたが、足底部の靱帯が硬化しつつある年齢になってきたこともあり対策を講じる必要性を感じた。
人体の足底部は、体重の全てを支えると共に、衝撃を吸収するショックアブソーバーの役割も果たしている。
趾骨といわれる5本の足の指の骨と、足根骨といわれる8個の骨、そして踵骨(しょうこつ)。
これらの骨が、まるで海に浮かぶ離れ島を橋で結ぶように複雑に靱帯で接続されている。
そうして形づくられるアーチが、俗に言う「土踏まず」。
このアーチが伸縮して衝撃を吸収する機構になっているのが、足底部なのだが、よく知られているのは「扁平足」という足底部。
「扁平足」は、足底が作るアーチが限りなく直線に近く、衝撃を吸収する機能がほとんど無い。
従って、運動をしたり長い距離を歩いたりすると、疲れるというわけだ。
私の足底部はこの「扁平足」とは対局にある形で、アーチが強すぎる。
そうなると、衝撃を吸収する役割は果たすのだが、加重が踵と指の付け根に集中してしまう。
その加重が集中した場所に痛みが生じるというわけだ。
若い頃はアーチのたわみも軟らかな靱帯によってスムーズになされるのだが、50歳を迎えるような年齢になると、そうもいかない。
そこで、今シーズンの中盤から自分の足にフィットしたインソールを釣りにも使うことにした。
インソールの役割は時間を掛けて足底の形を矯正することにあるので、劇的な変化は見られないが、それでも疲労感は減少した。
今回のインソールは足と靴の科学研究所という会社に作ってもらったが、制作はかなり精緻。
感圧紙と言われる圧力がかかると色が変わる紙の上に立ち、足底の体重分布を測定し、矯正のポイントを調べ、採形用の発泡フォームに足を沈める(砂浜に足を沈めるイメージ)。
この発泡フォームに石膏を流し込んで足型を作り、インソールを作るとのことだ。
その他に、背部からデジカメで写真を撮り、足底部と下腿部のつくる軸のずれを測定したり、骨盤のレベルで左右の傾きを調べたりもする。
そうして出来上がったのが、写真のインソール。
手前が、ウエーディングシューズ用の薄底で耐水仕様。
向こう側が、トレッキングシューズ用の踵もホールドできるタイプ。
どちらも同じ足型から制作したもので、私専用の形になっている。
その他に、仕事用のサンダルもこのインソールを使用したものにした。
履き始めは、かなりの違和感を感じるソールだが、少しすれば足の裏の感覚がソールにフィットしてきて慣れてくる。
ウエーディングシューズに関して言えば、確かにシューズを脱いだ後の痛みや鈍い感じは無くなった。足の裏の体重がうまく分散されている証拠なのだろうか。
Commented by lefty_haru at 2006-09-28 00:46 x
すご~い。超科学的。ナイキも真っ青。
ウェーディングシューズは確かに重要です。
各言う私も、未だ自分に合った靴がありません。
何時も、少し大きめの靴を買って、インナーで調節、
少し経つと、靴が縮むので、それからは、インナーを外して
足が痛くならないようにしてます。

本来ならウェーダーをフルオーダーにして、
靴もそのウェーダーをはいた状態で作ってもらえれば、
一番いいんですが、そんなことはとても出来ませんね。
結局はごまかし、ごまかし使うしかないと。

シーズンオフに膝をしっかり直しておかないとダメですよ~。
Commented by standy at 2006-09-28 06:32 x
haruさん、コメントありがとうございます。
インソールは「コージツ」などの山を得意にした店に行くと、結構たくさんの種類のものが販売されているようですから、それを利用してもいいかも知れないですね。
膝のほうは、シーズン終了と共にほぼ完治(苦笑)。
違和感は残っていますが、階段も苦にならなくなりました。
しかし、年齢と共に治癒に時間がかかるというのを実感しましたですよぉ〜。
ところで、シーズン最終日は北陸ですか?
有終の美を飾ることが出来ますように・・・。
Commented by ライズ at 2006-09-28 07:25 x
こんにちは! 凄いソールですね。知りませんでした~ 今履いているウエーダーは水漏れしていますので、来年の解禁までには新しいのを買う予定ですが、う~んソールも考えないといけませんね!処で私は今、左足の足首から足の裏に掛けてメチャ激痛が走るのですが・・・普段は殆んど痛みは無いのですが、河原を歩くと駄目ですね。病院に行きたいのですが、普段は痛みが無いのでズルズルと此処まで来てしまいました。
やっぱり一度、行くべきでしょうね?
Commented by standy at 2006-09-28 10:16 x
ライズさん、コメントありがとうございます。
ライズさんは
>左足の足首から足の裏に掛けてメチャ激痛が走るのですが・・・
とのこと。
やはり衝撃吸収機構に問題ありでしょうか?
踵骨まわりの靭帯硬化が始まってるんでしょうか。
足を充分暖めて、足の裏の筋を伸ばしてやる(青竹踏みみたいなこと)とよくなると思いますよ。
病院にいくのはそれからでもいいかと思いますよ。
なににせよ、フライラインやロッドだけでなく、身体のほうも念入りにメンテナンスしないといけない言うことでしょうか。
来シーズンも楽しい釣りを続けるためにもご自愛下さい・・・って、人に言える立場じゃないんですが(笑)

Commented by Tamakura at 2006-09-28 14:38 x
standyさん こんにちは^^
これ、かなりよさげですね!

私の老化現象は、歯、目ときて、現在下半身に至ってます。(膝とか足首ですからね(笑))
去年捻挫した右足首の痛みが未だ続いている辺りに歳を感じてしまいます。

歳をとると、経験値は増えますが、体力はガタ落ちします。
どっか(悪の秘密結社以外で)サイボーグ化手術してくれるところ知りませんか。^^;

Commented by gary at 2006-09-29 08:23 x
ん〜 これが先日話していたインソールですか。
これもいいけど、ものに頼らずカラダをきたえなくっちゃ。(笑)
ところでそういう私は最終釣行でコケまくり、おまけにコケた際に衝いた左手の中指はみごとに腫れ上がってます。(泣)
釣果はそれなりにあったんですが・・・・
Commented by standy at 2006-09-29 17:21 x
Tamakuraさん、どうもです。
サイボーグ化については、私のほうが知りたいところですよ。
Tamakuraさんは、スリムだからまだ下半身丈夫なんじゃないですか?
目と歯は、致し方ないとしても・・・。
治癒に時間がかかるのは、もう諦めるしかないです。治癒すればいいやくらいに思わないとやっていけません。
それとですね、経験値が増えているウチはいいですよ、もっと年をとると経験値さえ一瞬に吹き飛んでしまう事態があります。クワバラクワバラ。
Commented by standy at 2006-09-29 17:23 x
garyさん、大丈夫ですか?
コケまくるって、いったい何回ころんだの?
これで釣果がなければ、泣きっ面にハチですがな。
私のほうは、すでに禁漁に入っておりまして、現在は南の島で静養中です。 アロハ!
by s_1046 | 2006-09-26 22:46 | アイテム&ツール | Comments(8)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31