悠々

f0022103_23223882.jpg久しぶりに夏日の予報。
日課の犬の散歩を済ませ、カミさんの淹れてくれたコーヒーを飲んだ後、おもむろに釣り道具を車に放り込む。
実にのんびりした出発となったが、今回は「悠々」がテーマの釣行だ。
実際は夜駆け朝討ちのような釣行は、体が拒否を示すだけのこと。自分のペースを崩さず、のんびりと出かけようと考えた。
今回は単独の釣行なので、雨の心配もない(笑)。
高速道路ものんびりと走り、木曽川水系の渓に足を踏み入れたのが、午前9時半。
空は文字通り「雲ひとつ無く」、渓の両岸に並ぶ巨岩もまぶしいほど白い。
清冽な流れに身を置き、大きく深呼吸をすると、体の芯からリラックスできるような気がする。
この気分を味わいたくて、渓に立つといっても過言ではない。
夏の渓に戻った流れは、偏光グラスを通しても目を細めてしまうほどの強烈な日差しで、案の定、陽にさらされた流れからは、魚の反応が乏しい。
そこで、日陰になる岸を歩き、ゆっくりと丹念にフライを流すことに決め、いつもは見過ごすようなポイントにも・・・と、思ったものの身に染みついた癖というものは簡単に流し去ることが出来ない。
自分好みの流れが先に見えると、ついつい体が前に出てしまう。
まあいいか、これもマイペースだ。
しばらく釣り上がっていくと、反転流の中でライズをしている魚がいた。
アップストリームのキャスト位置では真正面に立つことになるので、岩陰に身を隠し流芯にラインを置かないように気をつけて、反転流の中にフライを流し込むことにしたが、これがうまくいかない。
何度目かのトライで、思ったレーンにフライが流れ、緊張が高まった時、フライを目がけ川底から魚が浮いてきたのが見えた。
どうやらライズを繰り返すタイミングと、フライが流れるタイミングが時勢的に一致したようで、運良くタナビラをネットインすることが出来た。
釣り上げたタナビラは、薄墨を流したような淡い色のパーマークを持ち、朱点も控えめで、やはり女性っぽい。
f0022103_0152791.jpg

あまりに朱点が淡いので、最初はヤマメかと思い、じっと見つめると「ポッ」と朱点を赤らめた・・・なんてことがあると面白いのに。
その後も似たようなサイズのアマゴが1時間に1匹ペースで釣れる。
「悠々」をテーマにした釣行であるので、ほどよいペースといえる。
5時間ほど渓に身を置き、車に戻る。
まだ陽は高いが、今日はこれでロッドオフにしよう。
本音を言うと、こんな早い時間に林道を下ることに一種の「罪悪感」のようなものを感じたのだが、もう充分に心のリラックスはできた。
おそらく、今シーズン最後となるであろう今日の釣行は、身体のリラックスも目的のひとつ。
帰路、少しだけ道を外れ日帰りの温泉施設に立ち寄った。
まず入浴し体を解放して、ゆったりとした気分に。
そして、枝豆と地ビールでさらにゆったりだ。
自分で車を運転してきているので、当然このままでは飲酒運転になってしまうので、階段を上り上階のレストルームに入る。
レストルームは一人掛けのリクライニングソファーがずらりと並び、ヒーリングミュージックが流れている。
熟睡すらしてしまいそうなので、携帯のアラームをセットして眠る。
どこかから「なにを軟弱な・・・」という声も聞こえそうだが、この「悠々」でリラックスできるのが自分のスタイル。
釣りに出かけて疲労困憊して自宅にたどり着くより、私には向いている。
Commented by sawakobo at 2006-09-21 01:00
聖人君子の釣行とでも言えば良いのでしょうか。(聖人君子は殺生はしないかな?)
私のようなガツガツ人間にはできない技です。
自分の釣りのスタイルで程々の成果を挙げるってのも粋ですね。
来シーズンは体調を万全に整えて、数多くの「悠々」の釣りをしてください。
でも、お互い単身だと天気の影響は少ないんですよね…(溜息)
Commented by standy at 2006-09-21 07:26 x
聖人君子の釣行というより、完全にトシヨリの釣行ですね、これは。
でも、天気のほうは・・・良すぎました。 入渓時から「やばいな」とは思ったのですが、水の透明度もあって、ラインが延びていくだけで何度か魚が走るのを確認できました。 結構スレてます(涙)。
場所はお教えしますので、今度は沢好坊さんがガツガツと釣ってきて下さいな。
Commented by gary at 2006-09-22 08:18 x
な〜るほど、早速実行しちゃいましたね。(笑)
でも、これからはstandyさんの釣りのスタイルをまねしないと、翌日に響きますね。
しかしこう言いながらも、どこかの同年代のマスターと一緒だと、ついついハードなスタイルになっちゃうんですよ。
Commented by standy at 2006-09-22 18:56 x
garyさん、それは私も一緒です。
どこかの「沢好き」の方と出かけると、自分が意図しない川幅のせまい渓流をガシガシ釣り上がることになっちゃいますから(笑)。
ま、それはそれで楽しいので、いいんですけどね。
そういえば、我が家では例の温泉のことを報告したら、予定を組まれました。おそらく体育の日に、温泉+地ビール+お食事+豪華レストルームとなりそうです。
garyさんも、カミさん孝行に使ってみてはいかが?
Commented by ライズ at 2006-09-22 22:34 x
こんばんわ!私も後、数時間後に木曽に向かいます。それにしても凄く綺麗なタナビラですね!!時間を残して温泉に行くあたり、大人の釣りをされていますね~私なんか真っ暗になるまで帰りませんから。
で、最後には温泉に行くのですが、もうメチャ眠いです(笑)
あっ!それから真に厚かましい御願いですが、リンクさせて頂いても宜しいでしょうか?
Commented by s_1046 at 2006-09-23 07:45
ライズさん、コメントありがとうございます。
本当は真っ暗になるまで釣りを楽しみたいのですが、身体が持たないというのが本音です。
ですから、オトナの釣りと言われるとスゴク恥ずかしいです。
完全にオジンの釣りですからね。
リンクの件は、是非お願い致します。こちらからもリンクさせて頂き、相互リンクと言うことでよろしくお願いします。
Commented by kou at 2006-09-24 20:27 x
こんばんは!お久しぶりです!
朝起きておもむろにコーヒーを飲み・・・!
それからの出発・・・なかなか出来そうで、出来ないシュチュエーションですよね。でも、そんななかでしっかりアマゴをしとめてくるあたりがカッコイイ大人の釣りを感じさせっられます。いつも、しかめっ面をしてシャカ力になって川に向かっている私には、到達できない境地なんですね。見習わなければ!
 今シーズンも後わずかですね、お体を大切に良い釣りをして下さい。
Commented by standy at 2006-09-24 21:25 x
kouさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。
いや、そういう釣行しかできない自分が恥ずかしいので、オトナの釣りなどとおっしゃらないで下さい。
私がkouさんを見習うところはたくさんあれど、kouさんが私を見習うところなどあろうハズがありません。
「悠々」などといいつつ、その実シャカリキになっても結果のでない自分に格好を付けるためのポーズですからね。
まあ、釣れないFFMのいい訳みたいなもんです。
Commented by at 2006-09-24 22:08 x
standyさん、こんばんは!
いいなぁ、悠々スタイル。僕もフライフィッシングをはじめた頃は
結構のんびりモードでしたが、今じゃロッドを持ったら一日中ずっと
渓を歩き回ってます。
来週の最終釣行くらい温泉とかも組み合わせてのんびりモードで、
過ごすかな^^
Commented by gary at 2006-09-25 08:54 x
ちょっと覗かない間に、いろいろと更新されていたんですね。
standyさんのおすすめではなかったですが、かみさん孝行してきましたよ。
行き先は、先日松谷さんやharuさんたちが向かった先の途中まで、世界遺産を見学して帰路の途中の新しい温泉につかってきました。
やはり同じようなことを考えるんだな〜と、ここを読んで笑っちゃいました。
ねっ、standyさん。
Commented by standy at 2006-09-25 09:42 x
洋さん、コメントありがとうございます。
何度も書いちゃいますが、お恥ずかしい限りです。
膝が痛くて、オマケに最近では腰までおかしいので、ジジイの釣行してきましたって書くと、さすがにカッコ悪いじゃないですか。 それを勝手に「悠々」などと言い訳してるだけですから。
一日中、渓を歩ける人が、のんびりモードに切り替えることは簡単ですが、なまくらなオジサンが一日中歩くことは至難です(涙)。
Commented by standy at 2006-09-25 09:51 x
garyさん、どうもです。
行ってきましたか、カミさん孝行。
ケッコウ、ケッコウ。
私も、今週後半からカミさん孝行に行ってきます。
何と言っても、釣りよりはカミさんのほうが、優先順位が高いのでね。
ところで、新しい温泉どうでした? また、オジサン達の井戸端会議のときにでも教えてください。
Commented by ライズ at 2006-09-25 11:12 x
こんにちは!リンクの件、有難う御座います。早速、リンクを貼らせて貰いました(ペコリ)ヤフーはブログの方は簡単にリンク出来るのですが、HPのリンクはかなり難しいです。(何度も改善依頼を要望しているのですが・・・)では今後とも宜しく御願いします。
by s_1046 | 2006-09-20 23:51 | 釣行レポート | Comments(13)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31