老朽

はるか南の洋上を北上する台風の影響で刺激された前線が風雨をもたらす。
今回もまたインターネットで積算降水量と天気予報とを見比べながら高原の状況を追跡することから始まった釣行は、釣りとは別に与えられたミッションを完遂する目的を持ったそれなので、目的地を変更するという選択肢はない。
いくらインターネットで目的地の状況を調べ、それが芳しくないものであろうとも、走るしかないのだ。

国道に沿う大河川を眺めると、濁流というより泥流というコトバがはまるような、目をそらしたくなるような眺め。
早くも課せられたミッションのうち、釣りという行為を諦め、トウモロコシ、蕎麦、温泉に狙いを絞ったドライブに成り果てるのか。

国道を北上していくにつれ、本流の状況が掴めてきた。どうやら本流の左岸方向にある山脈から流入してくる河川は濁りかひどく、右岸方向はそれほどでもないことがわかってきた。目的地は右岸方向。少しばかり希望の光が差し込んできた・・・。
胸を躍らせたふたりのジジイは、エッサホイサと歩を進めて、なんとか目的の高原に辿り着くことができた。

この季節、普通なら朝一番に道端のテントにならぶ、もぎたてのトウモロコシを購入するのが我々のミッションのひとつだったのだが、その日の道端には雨に打たれて泥の飛沫で汚されたテーブルと椅子が、うらぶれた感じでテントの下に置かれているだけ。当然、もぎたてのトウモロコシを満載した農家の軽トラもない。そんなテントを何カ所かやり過ごしつつ、渓流の様子を観察していく。
ある場所で農家の収穫を販売する小屋を行きすぎようとした時、軽トラの荷台に隠された(笑)トウモロコシを発見。

f0022103_18222290.jpg
「10本買うからオマケをくれ!」と厚かましいことを言うまでもなく2本のオマケをもらい、ミッション完了。 気分的にはこれで目的の八割を成し遂げたかんじ。

事前に情報をいただいたSYUさんから送られてきたクマ出没地点上流に車を止め、釣り装束に変身する。
ここまで見た何カ所かよりは緩やかな流れに見えたが、結構まとまった雨が降ったという地元の人のコトバ通り流れはキツイ。
ウェーディングスタッフを”シャキーン!”と取り出し、流れに足を踏み込んだ瞬間、あっという間に足が流され大転倒。当然水の中なので水没というやつだ。ヨレヨレのジジイが何とか立ち上がるも、”シャキーン!”と取り出した杖は曲がるわ、爪はめくれて痛いわで、完全に戦意喪失。
曲がった杖をつきながら、腰を曲げたジイサンが緩い流れを探りながら、そこらあたりにフライを流すが、魚が出てくる訳も無いうえに、爪から血がにじみだしてきて痛いのなんの。仕方なくベストのバックポケットからファーストエイドを取り出し絆創膏を貼るが、持ち主同様に老朽化が著しく粘着しないし、ボロボロはがれる。自分ながら笑えてきた。

f0022103_18205461.jpg
少し下流に戻りクマが出た証拠写真と同じ場所でワンショット。当然クマは写ってないけど、現場でビックリ。民家の軒先やないか〜い!
心地悪い湿り気をおびたウェーダーの居住性のまま、全てをリセットすべく、次なるミッションに向かう。

f0022103_18523707.jpg

ベタベタと濡れた足あとが床に残ってもココロヨク入店できる蕎麦屋でいつもの大盛りノリ無し。
体温でウェーダーの中身が暖まった頃合いを見計らって未達成のミッションであるオサカナの顔を見に行くことにする。
いつもなら軽く通り過ぎるようなショボイ渓流しか入渓できそうな場所がない。ということで初めての渓へむかうが、なんと沢山のご同輩に遭遇する。
テンカラのグループ、餌釣りのオジサン等々がショボイ渓流にひしめき合っているという感じ。
なんとか入れそうな場所に車を止め、準備開始・・・といいながら、やる気は皆無。
f0022103_18525073.jpg
着々と準備を進めるGaryさんは、車に止まった蜉蝣をみつけ、似たパターンのフライをボックスから取り出しセッティング。ところが超小渓流ゆえにふたり入渓は無理と判断し、この場を譲ることにした。というととても聞こえがいいが、こんな場所でロッドなんか振れない。というよりその気になれない。ここは人柱になっていただき、もし万が一反応があったりしたら即座にアタマハネしちゃうぞ的心意気で見守るが、まあどだい無理な話。

f0022103_18530510.jpg
だってこんな場所。「どこに水が流れてんの?}といった感じだがタライのような落ち込みがあって、ふたりともそのタライにすがるような気分だったと言えばご理解頂けるかと・・・。
f0022103_18532086.jpg
その後、蕎麦畑の広がる超メジャー河川の上流域に場を変え、ここを終の棲家とすべく釣りはじめることにする。
ところが老朽化はなはだしい膀胱が「もうアカン」と音を上げるので、茂みでゴソゴソ用を足し、川に入ると眼の先には満面の笑みでランディングネットを頭上高くかかげたGaryさんの姿。
見なきゃよかった(笑)
f0022103_19221413.jpg



[PR]
Commented by gary at 2018-09-04 19:58 x
おつかれ様でした。私のミッションはすべて完結させてもらいましたが、standyさんの未完ミッションのためにも是非もう一度!
Commented by SHU at 2018-09-04 20:52 x
お疲れ様です、
寒いわ痛いわ、大変な釣行だったのですね、
私も残すところあと一回、第四土曜、日曜のみです、
もうシーズンも終わってしまいますね。
Commented by standy at 2018-09-06 18:39 x
Gary様、ミッションコンプリートおめでとうございます。名実ともに沈没のジィさんはやる気をなくしておりますが、また都合があったらお誘いください。
Commented by standy at 2018-09-06 18:47 x
SHUさん、貴重な情報ありがとうございました。クマの写り込んだ写真と同じアングルでの撮影なかなか難しかったです(笑)
厳しい状況の中なんとか同行者が一匹あげたので、かなり焦って真剣にやったんですがダメだったですね〜。N上流部の神社の前は私にとってはいい思い出の場所だったんですが今回は甘くなかったです。私の方も今シーズン中に行けるかどうか…と言った状況ですがなんとかお魚の顔を見たいと思っております。
by s_1046 | 2018-09-04 19:27 | 釣行レポート | Comments(4)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31