鮪漁

釣行が延期と決まった週末、まったりと過ごす予定が「明日、釣りに行きませんか?」という突然のメッセージにより急遽決まった釣行。
気合いの入ったメッセージの主は釣友のGaryさん。
まあ、まったりと過ごすなどと言っているというからには、かなり暇な状態であることは否定できず、「お供させてください」と快諾メッセージを返すが、メンテナンスを済ませ保管してあったフライラインをリールに巻き込んだり、ウェーディングシューズに靴紐を通したりと何かと慌ただしい。
やっぱりシーズンの初釣行となると準備に怠りがあるような気がつきまとうのはいつものことではあるが、見切り発車的に北上だ。

到着したのはGaryさんのホームリバー。入渓前にGaryさんは年券、私は日釣り券を購入し、今シーズンはほとんど誰も走っていないんじゃないかと思えるほどの雰囲気の林道を登っていく。見慣れた堰堤が現れたので、脇に車を止め入渓点とする。
入渓すると、身体が渓の歩き方を完全に忘れていることを認識する。岩に飛び移ったはずが、跨いだと変わらない歩幅で岩から滑り落ちいきなり脛をを強打し涙がチョチョ切れる(死語)。とにかく目の前にある堰堤が遠いし歩くのが怖い。「あ〜あ、コレが歳をとるってことだなぁ」と妙なことに感心し、もうひとりの還暦すぎた同行者を見れば、私を見ながら苦笑いをしている。頑張らねば。

堰堤の下を少しばかりツツイてみるが、当然のように反応はない。なんせ水温5.5℃でドライに反応しろというのがどだい無理な話か・・・。

さて本番とばかりに、堰堤上から釣りはじめる。Garyさんによれば「こんな下流では普段釣りをしない」くらいのエリアなのだそうだ。
ところが少し釣り上がったところで、Garyさんの挙動がおかしい。フライロッドそっちのけでフライラインをたぐり寄せている。動きとしては沈んだフライが水中の倒木にひっかかり、それを外そうと流れの中にバシャバシャと入り込んでいる状態そのもの。しかしその後に彼が発したコトバは信じがたい「で、でかい!」というもの。
まるでマグロ釣り漁師が獲物を捕るようにして釣り糸をたぐり寄せ、ネットに収めたオサカナがこれ。

f0022103_17370859.jpg
たしかにデカイ。みた瞬間は完全に尺オーバーかと!

Garyさんもフライが沈んで動かないので、沈木に引っかけたと思ってフライ回収のためドボドボと流れに入っていったら、なんやら手応えがあったので、マグロ漁師に変身してみたらしい。ついでにいうと釣り上げて写真を見せて説明するまで、イワナだと言っていた(笑)。

f0022103_17493632.jpg
自分が釣り上げたイワナ(笑)を放心状態で眺める

私のほうは・・・といえば、雪の残る河原でムダと知りつつキャストを繰り返す。だってあんな魚を見ちゃったらそれしかやることないもんね。

f0022103_17544453.jpg
背中に哀愁を漂わせとりあえず投げてみるといった体のワタクシ。侘びしいのぉ。

マグロ漁が終わったあとは祭りの後のように静寂が渓流を支配した(笑)。当然といえば当然なので、早々に魚影をあきらめ山を下りる。
昼までは少し時間があるので、本流のライズポイントの偵察に出かけることにした。
現場に着くとオドロキの光景だ。まるで釣堀の様相で、老若男女がなが〜い竿を振って餌を流しているので、我々の入り込む余地は全くない。
次なるポイントに移動してみる。

f0022103_18041000.jpg
ここにも老若男女が・・・

f0022103_18160348.jpg
周囲を歩いてみると車止めにこんな立て札


なんやら昨日放流しました的なニオイがプンプンする様相にとりあえずの昼飯を選択して街に出て時間つぶし。
コーヒーをおかわりするなどたっぷりと時間を使った昼飯を終えて再びライズポイントの戻るも、想像通り人であふれている。
「放流場所」という親切な立て札のない場所に移動して、ライズを待つことにする。
春の陽気に包まれた河原の土手は睡魔とのタタカイの場所だ。フト気がつくとGaryさんが土手に這いつくばってなんかしてる。

f0022103_18281820.jpg
異常なる丁寧さで土手の雑草をなでつけているようだ

f0022103_18285041.jpg
そこでズームイン。まだやっている

f0022103_18291777.jpg
苦心の末完成の「作品」


時間をかけて雑草をなでつけ、出来上がった写真がこれ。Instagramに投稿してくれればイイネしたのになぁ。
暇つぶしを終え、というかいつまで経っても始まらぬライズに業を煮やし、ついにロッドを手にするGaryさん。

f0022103_18320062.jpg
流れに立ち込み気合い充分

何度もキャストを繰り返すが第二のマグロは現れなかった。

[PR]
Commented by gary at 2018-04-02 22:47 x
友人のブログのネタ供給元のgaryです(笑)こうしてみると土筆もまあまあ綺麗に写っていましたねぇ。
来週もブログを賑わすネタを期待して下さい✌️(爆)
Commented by s_1046 at 2018-04-03 07:24
はいはい、よろしくお願いします。少なくとも、四つん這いのままズルズルと下がって、川にドボンくらいのネタをお願いします(笑)
ツクシはインパクトが足りなかったのでトリミングして加工しました。著作権を侵害してますかね?
Commented by naru-kato at 2018-04-03 13:30
あーあのお魚はマグロだったんだー

それを聞いてさらに安心(笑)
Commented by s_1046 at 2018-04-03 19:42
釣り方がマグロのそれでしたからね。ランディングというより取り込みといった感じです(笑)
by s_1046 | 2018-04-02 18:54 | 釣行レポート | Comments(4)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30