感想

f0022103_22322224.jpg

昨夏の高原川支流、lefty_haruさんと釣行する機会を得て、はじめて籐巻のグリップを持つ竹竿を目の当たりにした。
「振ってみますか?」昼食後の里川のほとりで、そう言われた時には、すでにharuさんが右手に持つ、獲物をすくうためのランディングネットにダイビングしていたと言うと人聞きが悪いだろうか。
とにかく、昨年のシーズンが終了するとほぼ同時に、籐巻グリップのビルダーであるharuさんに連絡をとっている自分がいた。
しかし、フライフィッシングの世界でバンブーロッドと呼ばれる「竹竿」を自分のものにするというのは初めてのことで、自分の求めるアクションすらはっきりしていないので、感覚的なものをharuさんに伝え、ブランクの選定からおまかせした。そして細かな打ち合わせはメールや添付画像で進め、50通に及ぶやりとりの末、完成したロッドを手渡されたのは、吹雪の蒲田川。
その時は、とてもじゃないが勿体なくて使えない・・・と、デビューに尻込みをしてしまったが、その後何度か使ってみた「竹竿初心者」インプレッション。
まず第一印象は、至って小心者らしく「勿体なくて使えない」。
しかし、飾っておくのはもっと勿体ないので、チビリながら使うことにした。 
ラインをガイドに通していくと、ティップの径がかなり細いことに気づく。 あまりに繊細と言えば繊細な作りに「大丈夫かな・・・」と心配が先に立つ。この際の「大丈夫かな」は、キャスティングが出来るのかな・・・などという高等な心配ではなく、今までの自身のロッド扱いを思い起こしてしまい、扱いの「雑」さに折れてしまうのではないかと心配した訳。
あとはグリップのサイズ。ロッド全体を見た時、全体に占めるグリップのバランスがすごくいい。しかし、私は身長180cm以上あり、決して手だって小さくはない。その小さくない手が握るグリップにしては小さすぎやしないか、というのが気がかりだった。
実際に釣りに使ってみて、それらの「気がかり」は一気に解消してしまい、逆に「気にいり」にすらなってしまうのが笑える。
まず、繊細なティップ。これはコシのあるセミスゥエルドバットとも相関すると思うのだが、バックキャストからフォワードキャストへのタイミングが実に取りやすい。バックキャストで後方に伸びていくラインの重さが確実に伝わってくる。ともすればバックキャストでループが解放される前にフォワードキャストに移行しやすかった悪癖は少なくなったと同時に、それが原因でラインあるいはリーダーが干渉することも少なくなり、得意技のテイリングループが減ったと思う。また、それだけで、面白いようにフォワードキャストが伸びる。理論では理解し、頭で言い聞かせながらキャストしてなければならなかった部分、つまりライズを目の前にした時には、理論や理解が吹っ飛んでしまっていたタイミングをロッドが教えてくれると言うことが、これほど楽だとは思わなかった。
そして小さなグリップはロッド全体のコントロールがしやすいことにも気が付いた。なんと形容したら良いのか判らないが「遊びが少ない」という感じ。握力の調整で小さなメンディングができてしまうと言ってもいいくらい。大きめのグリップだと、握力を加えても「握りなおす」程度のものだったのが、その動作で小さなメンディングやシュートの際の小さなリーチが出来ることは大きなアドバンテージを得ることが出来たような気がする。
あとは、自分にとっての問題として、ラインの重さが伝わらないショートレンジのキャスティングの精度を上げたいと考えるのだが、なかなかピンスポットを狙うという訳にはいかないようで・・・。
それよりも、最近はこの美しいロッドと並んで映し出されるであろう魚の容姿を気にするようになってきてしまった。とにかく美しい魚が釣りたくてしょうがないのだ。
by s_1046 | 2006-06-18 00:34 | ロッド&リール
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31