人気ブログランキング |

大名

かなり以前から釣友のgaryさんから「木曽に行くなら買い物をしてきて欲しい」という要望があって、それを安請け合いしたものの、オレが少しも木曽に向かう気配を見せないものだから、さすがのgaryさんもシビレを切らして「今度ドライブに行きましょう」と誘ってくれた。
それでもトコトン鈍いオレは釣行前日の打ち合わせまで、釣りではなく本当の「ドライブ」だと思っていたという体たらくぶり(笑)
「朝5時に・・・」といわれて、釣りだと気づき返した返信が「まぢ?」なんだからgaryさんも驚いたと思う。
なんせ今シーズンにおける自身の活性の低さといったら目も当てられないほど。釣行に向かう気になったら所用が出来たり、大雨だったり、土石流だったり。

釣りに向かうにしても情報が乏しすぎる・・・ということで、同じく木曽をホームグラウンドにするSHUさんに連絡を取って情報収集。貴重な情報をいただき参考にさせていただくことにしたが、19時からライズボコボコという情報は見て見ぬふり(笑)。なんせ19時まで釣りをしたら半死状態で、帰ることが出来ない。

釣り場に向かう車中は相変わらずのオヤジギャグの連発で、あっという間に現地到着。いつものようにそれからが大変で、この分岐は右だ、いや間違ったUターンしてちょ。あれここも違う行きすぎた、またUターンね。ここら辺でイイと思う、多分、おそらく・・・あれっ?てな具合で、記憶力の欠如が甚だしい。
流れに足を突っ込む頃にはかなりの汗だく状態で、もういい加減疲れてる。

「タマはは豊富なんだよね」とフライボックスを見せてくれるgaryさんに、オレのも見てよ!と自慢できるフライボックスではないことがハズカシイ。garyさんに背を向けコソコソとフライを結んで、ファーストキャスト。シュパっとラインが伸びてターンしたフライがその先に・・・ふわりと落ちるはずなのに、予想より数刻遅れてヘロヘロとフライが降ってきた。あかん、ループが広すぎるがな。ターンどころかフライがきりもみ状態でラインの先端のチョイ前に力なく落ちていきよる(笑)

そんなこんなで、フライすら置きたい場所に置けない不細工さと格闘していると、garyさんがランディングネットを高々と孤空にかざしているじゃないか! 転びそうになりながらザバザバとかけよるとネットの中には綺麗なアマゴ。「木曽のタナビラ」というやつだ。

f0022103_18431227.jpg
タナビラが見えない・・・悔しいからワザと岩で隠した・・・ワケでは無い



その後も魚の反応はソコソコ。釣れそうな雰囲気はある、あるが釣れない。いや、雰囲気だけじゃない「あぁ〜!」という絶叫の場面も幾たび。そうこうしているウチに時間が過ぎていき、午前10時を過ぎた。自慢じゃないが俺の腕に巻かれているのは電波時計なのだ。10時を過ぎたと時計が言えば必ず過ぎているのだ。ハゲシクアセル。なぜならいただいた情報によれば「10時までは釣れます・・・」とあったからなのだ。イカンイカンここで何とかしなければ、本当のドライブだけになってしまう。

よっしゃ! と手をかえ品をかえ・・・るほど豊富なフライやテクニックがあるわけではないので、とりあえず気合いだけ入れなおして、岸辺に佇みウェーダーをおろす。すっきりしたところで仕切り直したら流したフライが消えました。

f0022103_1993445.jpg
消えたフライのかわりにコイツがくっついてきた



なかなか寄って来ないので、コノヤロコノヤロと呪文を唱えながら、ココロのなかではハズれないで下さいと祈りながら何とかネットイン。自慢がしたかったので下流で釣りをしていたgaryさんにわざわざ笛を吹いて知らせ、見せびらかしてみる。「デ、デカイ」とのオコトバを頂いたので、もうこれで帰ってもいいのだよ・・・とロッドを畳みそうになる。
ところがとりあえずの一枚を撮影したところで簡単に逃げられ全身の姿を皆さんにお見せできないのが残念至極である。まあ、今シーズン最高の一匹と言ってもいいのかな。まだシーズン終わってもいないのに言い切るところがスバラシイと自画自賛してしまう(笑)

脱渓後「この道はあっちだ」「こっちだ」と方向感覚を無くしながらココロは蕎麦屋へ。ところがウェーダーの下に履いていた靴下が見当たらない。まあ靴下の片一方くらいいいか・・・と車に乗り込んで足元を見ればキッチリ履いたままで、サンダルを履いていたというオチをかまして、蕎麦を食い、お土産を買い、温泉に浸かり・・・の大名釣行終了。こんな釣りでも疲れるとはやっぱり年のせいかなぁ〜。
by s_1046 | 2014-07-31 19:33 | 釣行レポート
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30