浮力

f0022103_1818079.jpg

ドライフライの釣りをするとき、フライに何を求めるか。 多くがあるが、私の場合は、まず見えること。 魚たちに気取られぬよう、インジケータを極小にして水面に張り付くウイングはナチュラルカラーにしよう・・・などというフライを巻くことも多いが、場合によってフライの着水位置が確認できないときなど、どこをどう流れているやらという場面に出くわすこともままある。 達人に言わせれば「心眼」で見えるということだが、「心眼」どころか「双眼」プラス「偏光」でもあやうい。 繊細なフライを苦労して巻いて、流れに乗せる。 波にもまれた瞬間ドライフライがウェットフライに変身してしまうなど、できればさけがたい事態だ。
そこで、FFM達は「フロータント」なるヤクに手を出すことになる。
そもそも、フライフィッシングなる遊び自体、泥沼にはまりこむように、ドンドンのめり込んでいく性質を持っているのだが、その一部分にもそんな性質を持ち合わせているところが多いように思う。 たとえばロッド、たとえばリール。 数え上げればキリがない。 当然ながら「フロータント」なるヤクにもそんな一面があり、さして必要でもないのについつい買ってきてしまう。 バンブーロッドのように「清水の舞台から飛び降りる」一大決心を必要とする金額でもなく、通常の消費以外にも落下〜流失などという転帰をたどることも多いため、予備などという老婆心的支出にも納得してしまうので、ベストの中からバッグの中まで「フロータント」だらけ・・・という現実とあいなる。
この「フロータント」は前述のように、比較的手軽に手に入れることができるので、誰それが「イイ!」といっていたり、雑誌でビーカーの中に入れたフライをつつき回したりするテストで「良好なる結果」が出ていたりするとホイホイと買ってしまう。
広義でいう「名古屋人」である私としては、カネガネ「もったいない」と思っていたが、ヤクから足を洗う事ができないまま過ごしていたある日、某メーカーから発売されているフロータントと同質の原材料を入手できるという僥倖に恵まれ、一念発起しヤク作りに精を出すことになった。
いまだテストの域を出ないが、とりあえず「沈みまくる」ということはなさそうな感触を得たので、今シーズンは自作のヤクですごそうかと思う。
そんな「フロータントな日々」を過ごす私が発見したのが、某オークションに出品された「大量のパウダーフロータント(同質品)」。
どうやら「フロータントな日々」を過ごすうち、身も心もドブヅケされていたようで「あんなフロータントも作りたい」「こんなのもイイナ」と大量のフロータントを原材料として見てしまう自分がいるのにも気づかず、大量購入。
オマエは何がしたいんだ・・・と問われれば「フロータント集め」としか言い訳のしようがない「フロータントな日々」
by s_1046 | 2006-03-14 18:23 | 工作&実験
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28