フライタイイング

●発掘

f0022103_22323961.jpg

ミッジフライのタイイングを始めたところ、CDCが入っている引き出しの中に残っているCDCが少ない事に気が付いた。しかし、よくよく考えると以前にマテリアルを買ったことのある某ネットショップからのセール案内に乗せられ、まとめ買いしたCDCがあるはず。
マテリアルの入っている引き出しを手当たり次第開けて探すと、買った記憶のある黄色いラベルの貼られたパックが見つかった。その場所には、黄色いラベルの貼られた品の他に、白いラベルのパックも見つかった。
ここまで来て、やっと思い出したのは、ずっと以前今回のようにCDCが無いと勘違いして、CDCを買いに走った事。たしか黄色いラベルのCDCが貴重品で、使うのをチビってしまい、マテリアルボックスの奥深くしまい込んだのが原因だ。
その黄色いラベルのCDCとは「ジョルジョ・ベネッキ」のCDC。このCDCは脱脂が施されておらず、撥水の能力が高いことから、優れたCDCという定評がある。1枚あたりの大きさも小ぶりで、ストークも細く、#14や#16のフライサイズのウイングくらいならそのまま巻き止めることが出来るが、それだけに消費量もおおく、値段の割に巻ける本数が少なく、それがチビった理由。
追加で購入したのが、白いラベルの「トラウトハンター」セレクトCDC。このCDCも、あのレネ・ハロップのコマーシャルフライに使用されることで、有名なもの。
この二つのCDCをまとめて隠しておいたのを発掘したので、今回は思う存分使ってみたい。
[PR]
Commented by sawakobo at 2006-01-16 23:24
 僕もありますベネッキのCDC!貴殿と同様、チビって使えない口です。マテリアルボックス内で紛失の憂き目にあわないよう、僕も今シーズンは使おうと思います。でも、た○ろ氏のようにダダクサには使えない…
Commented by tokyo_terry at 2006-01-17 00:28
standyさん♪こんばんわ〜〜〜ッ!
HNがいつもと違うから???と思ったら、exciteにブログ開設したんですね♪ リンクしておきますね☆
さて、ベネッキのCDCはたしかに撥水がイイっすね。ボクも良く使ってましたが、最近あまり見かけない気がします。それに比べてトラウトハンターのものは、ちょっと大振りな気がします。毛鉤のサイズやパターンに合わせて使い分けする必要がありますね。とくにこれだけあれば・・・。
いいな〜(笑)
Commented by s_1046 at 2006-01-17 08:51
そうですねぇ、○シロ氏はひとつのフライ作るのに4枚のCDCを使ってましたからね。しかし、あの時見たビデオでベネッキのスポテッドミックスCDCの存在を知ったわけで、そういった意味では感謝しなければなりませんね。それを真似てツーインワンパターンを巻くアナタもたいしたものだと思いますよ。
Commented by s_1046 at 2006-01-17 08:53
terryさん、コメント&TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきましたが、うまくいかずに変なTBが残ってしまい申し訳ありません。出来れば削除しておいて下さい。
また、リンクの設定もありがとうございました。
今後ともよろしくお願いしますね。
by s_1046 | 2006-01-16 23:03 | フライタイイング | Comments(4)

FlyFishing Logdiary


by s_1046
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31