予感

今回の釣行には予感があった。
釣り上がろうにも魚が釣れすぎて前に進めない・・・とか、尺イワナどころかそれを上回るようなバケモノがかかって右往左往する・・・といったような喜色満面の景気よい予感ではない。転んで足の骨を折る・・・とか、ロッドを折る・・・とかいった至って現実味をおびたいや〜な予感だ。

今回の釣行は前々回と同じ場所で、同行のgaryさんのホームリバーだ。苔むした岩が段々に続き、風呂桶やタライが積み重なっているような渓相の川で、ワタシ的には大嫌いなタイプの渓相なんだけど、魚は釣れる。garyさんの単独釣行ではツ抜けはもちろん、尺イワナ付きダブルツ抜けなんていう荒技も飛び出すようなすごいポテンシャルの渓らしい。garyさんの単独釣行に限るんだけどね(笑)あくまでも。前々回の釣行ではワタシにいい型のイワナが出たけど、写真一枚撮らせてくれただけで逃亡された。まあ、それのリベンジ的な意味合いもあって出かけることにした訳だ。

f0022103_19241706.jpg
入渓前の儀式 「あっち向いたローガン、こっち向いたローガン」

陽も差さない林道でローガン男達があっち向いたりこっち向いたり、あげく空を見上げたりしながら眉間にしわ寄せ苦労して小さな穴に糸を通す図はかなりアヤシイ。超苦労して糸の先に取りつけられた毛針は、瞬殺で木の枝に絡め取られ、大きなため息とともにふたたびこのアヤシイ儀式を繰り返すことになるのだけど・・・。

一応ばらけた入渓点を選んで入渓。ところが老眼鏡やらルーペを駆使して巻き上げた毛針は簡単に木の枝に持って行かれるためライントラブルが連発する。空中のみならず、水中にも折れた木の枝が散らばっているので困ったものだ。そんなわけで誰かがライントラブルを起こし停滞すると、後から釣り上がるヤツがすぐ追いつくのでダンゴ状態になるが、そこはうまくしたもので、さてお手並み拝見とばかりにニヤニヤしながら同行者の釣りを後ろで見てると、プレッシャーのあまり早速のトラブル。後続者は「お先にぃ〜」とばかりに脇をすり抜けるのがいつもの釣行スタイルなのだ。

今回も例によってバックキャストで抵抗を感じ、振り返ると木の枝にぐしゃぐしゃになったわがティペット。高い場所だったので半ば強引に引っ張ると折れた木の枝とともにもつれたナイロン糸。木の枝を取り除くとナイロン糸のカタマリの中にキラメキが見える。ダイヤモンドではないことは明らかなのでよく確認すると、な、な、なんと! トップガイドの金具じゃないか! ティップが折れたかと思うと同時にココロも折れた。ナイロン糸を取り除いてみれば、トップガイドの金具がすっぽ抜けただけとわかってひと安心する。
普通ならここで釣りは中断して車に戻りロッド交換するしかない場面だけど、今回は予感がしていたのでフライベストのポッケに忍ばせてきたのだよ・・・アロンアルファ。
時間をかけて慎重に修理してたので、先行の沢好坊さんから随分引き離されたよ・・・とgaryさんが言うので山の中をヤブコギでショートカットすると、それほど離れていない場所で沢好坊さん発見。聞けば反応が全くなくワタシ達を待っていたとのこと。「バケモノイワナが出て写真撮ってたので、遅くなっちゃったよ〜、ゴメンゴメン」と言ってやればよかった。

そこからは交互にトラブルと闘いながらの遡行。彼らふたりはタライ渓相が好きなだけあってトラブルにもめげない。実は密かに思っているんだけどふたりは「M」に違いない。虐められて喜ぶあの「M」だ。そうじゃなきゃこんなタライ渓相が好きなんて言えるはずない。

f0022103_19461695.jpg
実績のあるポイントを攻める沢好坊さん その昔、種田というガニマタの打者がいたことを思い出す一枚

f0022103_14474439.jpg
こんなところから出るはずないと思いながら攻めきれないワタクシ トップガイドはバッチリ

f0022103_14482977.jpg
そして、獲物を狙う豹の如く眼光鋭いgaryさん・・・膝痛のくせに・・・

釣り上がっていくと、ワタシの眼には「どこを釣るの?」としか見えない段々にしか見えないけど、garyさんには好ポイントの連続に見える場所に差し掛かる。ワタシはかったるいので再び山に入りヤブコギで段々をすっ飛ばす。そして川を覗くとすぐ下でgaryさんが豹の眼光で水面をにらんでいる。おっ、やっとるやっとる・・・と見ていると、ピシッとロッドを立てるじゃないか! 直後「でけぇ!」と叫ぶ声が静かな渓流に響き渡った。
それを聞いたらもう火事場に向かう野次馬のように身体が動いてしまった。大岩から滑り落ちながらgaryさんのもとへ。その間にも「でけぇ!」だの「ヤマメだ」だの(ホントかよぉ〜)と疑惑のココロを差し挟むような叫びが聞こえてくる。

f0022103_14480167.jpg
確かにデカイし太い・・・第一、あの渓にいるのこんなの?

f0022103_14470615.jpg
イワナしかいないと思ってた場所で出るかね、こんなの。

地域的にはアマゴの領域だけど、朱点が見えない。朱点が淡いだけかも知れないけどとにかくヤマメに見える。garyさんは写真が下手なのでを撮るのが面倒くさそうなので沢好坊さんがあれやこれやと手を出す。もうリリースしてやれよという言葉が還暦のジジイ達の口から飛び出すまでいじくりまわす(笑)おそらく彼もgaryさんの撮るサバに見えるイワナやメザシに見えるアマゴに気を揉んでいたんだろうなぁ〜とココロの中で笑う。

f0022103_14472354.jpg
思いがけない釣果に満面の笑みのgaryさん

なんといってもこの日の釣果はこのヤマメモドキだけ。garyさんはハイブリッドなどという気取った言い方をしていたが、ヤマメモドキなのだ。でも嬉しいよなぁ〜。ウラヤマシイよなぁ〜。
写真に収まるgaryさんの偏光グラスの奥はいつの間にやら豹の眼光からヒョットコの眼に変わっていた。

やっぱり今度はラインを延ばしてのびのびとロッドを振ることが出来るところへ行こう。





[PR]
Commented by gary at 2017-09-04 22:14 x
ひょっとこのgaryです。(笑)
メザシのちょっと大きめなのが釣れたのは年券の差という事にしておいてくださいまし。
この日は他の河川でも、皆さん苦戦していたようで、ぜひ優雅に竿の振れる渓でリベンジしましょう。
Commented by s_1046 at 2017-09-04 22:34
よろしくお付き合い願いますね。
Commented by naru-kato at 2017-09-07 19:14
garyさん退院してすぐの釣行で大丈夫?
と思いながら読んでいたら
これもんですか(笑)

同行の人がナイスな魚釣れると素直に「やったねーおめでとう」と我が事のようにひとまず喜びますが、
やはり心の底ではそーいうわけにはいきませんよねー(爆)
Commented by s_1046 at 2017-09-07 19:49
私はひとまず…も喜びません。見て見ぬふりをします。人間ができてませんから(笑)
by s_1046 | 2017-09-04 21:21 | 釣行レポート | Comments(4)

FlyFishing Logdiary


by s_1046
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31