十尺

ここのところ釣行と言えば人づての情報による渓流に出掛けることが多く、よく言えば情報網を駆使していたのだけど、結果は釣り人の多くが経験したことのある「昨日は釣れたんだけど・・・」という結果しか得られない。
そこで今回は釣友のGary110さんのホームリバーに出掛けることにした。最近Gary110さんは頻繁に出掛けいい結果を残しているので信頼性は高い。それよりなにより、移動距離が半分で済むのだ。
早朝に起き出しほとんど付きものとなってしまった釣行後のアキレス腱痛対策のテーピングを施し、万全の体制で集合場所に向かう。最近は釣行に向けて気持ちが昂ぶるよりも帰りにビッコをひいて帰って来るんじゃないかという恐れのほうが大きいのが哀しい。
集合場所にGary110さん、沢好坊さん、そして私の三人が集まり釣行の開始だ。
車中の話題は三人で出掛けた前回の釣行の反省会から。とりあえず私がGary110さんのイワナの写真を「サバの写真」とけなす。だけど「ボ」の私の発言には説得力が皆無で、軽くいなされてしまう。そしてこんな遠い場所まで単独釣行をする情報提供者を「バカじゃないか」とこきおろす(でも本当はすごいな・・・と思ってるんですよkimama028さん)。
そうこうするウチに現着。Gary110さんのホームリバーだけあって私が顔をしかめるような渓相だ。
ライントラブルを覚悟しながらキャストをはじめる。洗面器やタライのような落ち込みの連続の中にも流れている部分はあるもので、その流れの副流芯をゆっくりとフライを流すと飛沫が上がる。「おぅ!」思わず声を上げつつバレるなよと祈りながらランディング。

f0022103_17432404.jpg
9寸近いイワナが釣れた


先日、この川で立派な尺イワナを釣り上げたGary110さんは、余裕のガイド気分らしくカメラを取り出してレンズを向けてくる。久し振りに釣り味を味わうこちらとしては少しばかりアセル。

f0022103_17440686.jpg
実は一枚撮ったところで逃走されてしまった

その後も反応はあるものの、どんどん釣れるという塩梅でもなく、フライロストとライントラブルとの格闘の時間が続く。それでも前回行った有名河川よりは魚からの反応にあふれ、ココロが折れてしまうなんてことはないが、釣れない。
昼になり空腹を覚えたので、三人で手近にある岩に腰掛け、フライベストからおにぎりを取り出しヒルメシだ。こんな風に渓のほとりでニギリメシをぱくつくのはいつ以来だろう。年を取るにつれて一度川から離れリセットしつつヒルメシ・・・もしくは、手近な店に入り込み大休止なんていう大名釣行が普通になってしまったけど、こんなヒルメシもいいものだ。

上流に登るに釣れて魚の反応があがる。結構楽しいが、新しいウェーディングシューズの設定が芳しくなく、足が痛くなってきた。シューズのひもを改めて締め直しきつく結ぶ。やはり中敷きを入れておくべきだったと後悔しきりだ。

f0022103_17441597.jpg
きれいな色白イワナが釣れた。尾鰭の透明度が幼さを感じさせ美しい。


足が本格的にいたくなってきた頃、林道へのアプローチの出来る場所にやってきた。これ幸いと勝手に本日の釣りの終了を宣言する(笑)。
足の痛みを馬鹿話で紛らわせながら林道を下る。一刻もはやくシューズを脱ぎたい気分。下りの林道がこれほど辛いとは・・・。

釣りを終えたらもう当然のように立ち寄り温泉に一直線だ。

f0022103_17443411.jpg
温泉に隣接する道の駅には10尺はあろうかという「鮎のぼり」




[PR]
Commented by kimama028 at 2017-08-24 02:04
流石garyさんのホームグランド釣果の方は、安定してる様ですね。
良型なイワナに出会えて良かったですね^_^

まだ足を踏み入れた事の無い渓なので今度garyさんにカイドして貰おうかな。

また、いつかstandyさんと一緒に釣行したいです。。。

Commented by s_1046 at 2017-08-24 14:03
> kimama028さん
私が本当のヨボヨボになる前にお願いしますね。すでに結構よぼよぼなので(笑)
by s_1046 | 2017-07-30 18:56 | 釣行レポート | Comments(2)

FlyFishing Logdiary


by s_1046
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31