アイテム&ツール

革装

前回の釣行レポート「自失」にもあったように、釣りの途中でランディングネットを失うという失態を犯し、正直釣りどころでなくてバタバタ状態でネットを探しまくり疲れてしまった事件を教訓に、やはりランディングネット紛失防止対策は必要だな・・・と思うに至った。

今までは、魚が釣れた時、ネットに収まった魚の姿を撮影する際に、ネットフレームに写りこむナイロン製のベルトが著しく美観を損なうような気がして「ネットが無くなったときは無くなった時さ」などとうそぶいていたが、お気に入りのネットを一時的にしろ無くした経験をした後は「背に腹は替えられん」と考えを改めた。

f0022103_18132868.jpg

どうにも気に入らないナイロンベルト




取りつけてみたものの、やはり気に入らないものは気に入らない。ネットのグリップに取りつけた紛失防止用のリューシュコード代わりのプラスティック製スプリングコードまで気に入らない。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い・・・というやつか(笑)

そこでまずは、リューシュコードを革で四つ編みにしたものにした。あまり長くてブラブラするのもみっともないので適当な長さにして延長部分はピンオンリールに任せることにしてみた。

f0022103_1825585.jpg
グリップエンドに革製のコードは結構満足(笑)




さて問題のフレームに取りつけるナイロンベルト代わりだが、せっかくコードを革で作ったので、こちらも革で作ることにした。ただ、一枚革をペロンとループにするだけでは面白くないので、一枚の革に切れ込みを入れ三つ編みを作るトリック三つ編みという方法でベルト作成。その両端にポンチで穴をうがちベルトの材にした。

f0022103_18394396.jpg
トリック三つ編みでベルトを作る




ネットを交換する場合にも使い回せるように、取り外し可能にするためにジャンパーホックを取りつける。

f0022103_18433047.jpg
ジャンパーホックのオスとメスを専用のポンチで打ち付ける




f0022103_18454610.jpg
ジャンパーホックを取りつけた後はこんな感じ




あとはネットのフレームに取りつけるだけで完成・・・なのだが、これがなかなか通らない。ネットをフレーに取りつけるための糸が結構タイトで、これを傷つけないように丁寧に取りつける。

f0022103_1859569.jpg
ベストに取りつけた姿 少し間延びしてるな・・・




トリック三つ編みで編んだベルト部分が少し長すぎたか・・・。
しかし色合いといいナチュラルな素材の組み合わせといい、ナイロンベルトよりはよかろうと自己満足。

f0022103_1941096.jpg
ちょっと色合いが違うがそこはご愛敬と言うことで



[PR]
Commented by gary at 2015-06-11 19:51 x
GOOD??❗️勢いで私にももう一つ‼️
Commented by standy at 2015-06-12 07:53 x
勢いはなくなっちゃったけど、もう少し短くしたいと思うので気が向いたら作るつもりです。その時でもよければ作りますね。
Commented by naru-kato at 2015-06-13 08:06
お疲れ様です、ネットリリーサーもいいけど

木製のヤマメのファスナー開けがいいなー(笑)
Commented by standy at 2015-06-14 08:59 x
naruさん、どもです。
あのファスナーの口に取り付けたキーホルダーに目がいきましたか(笑)
実はあれも革細工なんですよ。もちろん自作…ではありません。一応アマゴとして売っていたんですが朱点が何処かに行ってしまいました(笑)
by s_1046 | 2015-06-11 19:06 | アイテム&ツール | Comments(4)

FlyFishing Logdiary


by s_1046
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31