工作&実験

調合

f0022103_15301041.jpg

新しいフロータント用基材が届いた。
ジメチルポリシロキサン(ジメチコン)は、代表的なシリコン系の薬剤。ひょんなことからその薬剤の入手に成功そして家庭内実験を経てフィールドテスト
その後も、他のフロータントには目もくれず、釣りでは自作のフロータントしか使わないという徹底ぶりが実を結び(?)、なんとか使えそうな感触を得ることが出来た。
しかし、解消されない問題点はまだ多く、その中でも手指に付くと手指までシリコナイズされ、ツルツルになる欠点が気になっていた。いままで容器から滴下しフライにドレッシングしていたのだが、量の調整などが難しく、滴下した後、指で広げたりしていたのが原因。それが解消できれば、手指のシリコナイズは避けることが出来るはず。そこで、FFMならなじみ深いマルチグルーやスポットフロートと同じ「刷毛付き容器」を導入することにした。
前回の木曽釣行から使用しているが、感触は良好。とりあえずはこのまま使えそうだ。
そして、ジメチルポリシロキサンの新規分が友人から届けられた。
この薬剤は、数十種類の濃度があるとのこと、今回は中でも特に低粘張度の製品を得たので、溶剤による混濁も全く問題なく仕上がった。
それともう一種類、ゲル状の高粘張度基材をゲル状アルコールに混ぜ込んだフロータントも作ってみたが、そちらもテストせねばならない。こちらのほうはお遊びで一生分買い込んだパウダーフロータントを混ぜ込んでみても面白いかもしれない。
新しい調合と容器でまた再びフィールドテストに出かけられる日はいつになるのだろう。
[PR]
Commented by tokyo_terry at 2006-05-26 00:34
standyさん、こんばんわ!!
刷毛付き容器、ますます本格的になりましたね。
実験室を抜け出して、フィールドテストして来てください!!
Commented by standy at 2006-05-26 08:50 x
terryさん、どうもです。
本格的なのは容器だけですよ。 あとは自己満足のオアソビです。
来月からはシゴトも忙しくなるので、いつ出掛けられるやら・・・です。
Commented by Tamakura at 2006-05-26 12:22 x
standyさん こんちは~^^
違う次元へ飛び立とうとするお姿を拝見し、私もがむばらねばという気持になってきました。(笑)

よい結果が出ますことを心よりお祈り申し上げます。
Commented by standy at 2006-05-26 18:24 x
Tamakuraさん、こんにちはぁ〜。
いやはや、人を鼓舞させるほどの所業ではありませぬ。
しかし、そう思っていただけるのなら私のことを「ハカセ」と呼んでも構いませんよ(笑)
お祈りは真摯に受け止めさせて頂きます。
Commented by sawakobo at 2006-05-27 05:56
フィールドテスト行きましょう!来月になる前に。
standy+沢好坊=雨
に代わる
ジムニー+新フロータント+ジンクリアウォーター=爆釣
って新しいジンクスを作りましょうよ~
Commented by standy at 2006-05-27 07:37 x
フィールドテストはいいけど、えらく早起きじゃない?
そうか、例の日か・・・
結果はBlogですね。 そちらも楽しみにしてます。
Commented by lefty_haru at 2006-05-28 10:06
5月31日、AM4:25、日本対独逸キックオフでっせ。
Commented by s_1046 at 2006-05-28 23:53
見てから出かけましょうかね。 
by s_1046 | 2006-05-25 15:49 | 工作&実験 | Comments(8)

FlyFishing Logdiary


by s_1046
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31