フライタイイング

夢想

佇む右岸から上流を眺めると、向かって左手からの流れが10mほど先で岩盤にぶつかり流れの向きを右に変え、こちらに向かっている。その流れが岩盤にぶつかる奥の小さな淵で、ほぼ定位して摂餌しているアマゴとみられる渓魚の姿も確認できた。ライズは頻繁ではないが特段セレクティブでもなさそうだ。
しかしティペットに結ばれているのはパイロットフライのアダムスパラシュート14番。いくらセレクティブでもなくてもパラシュートパターンがつくるライトパターンでは逃げ出してしまうまでいかなくても、暫くの間ライズリングが止んでしまうことは必至だ。
フライボックスからこの場で有効なパターンをセレクトすることにしよう。特に目立ったハッチもないが、少しばかり前にクリーム色のボディーをもつカゲロウがハッチに失敗して流されていくのを見たことを思い出す・・・。

そんなシーンを夢想しながら自宅で自分のフライボックスを取り出してコンパートメントを見渡すが、夢想の中で必要としていたはずのパターンが少ない。
よし、スペントパターンもしくはトラップドダンのパターンを巻こう。

しばらく前にTVの釣り番組で見た有名FFMの作る「ツイストウイング」というフライを巻いてみようかな・・・と手持ちのマテリアルをあさるが、ウイング材に使おうと考えたシンセティックのシート状マテリアルがない。そのシートはもちろんシート状でも使えるが解すことによってダビング材的にも使え、撥水力にも優れ自分の中では最適な素材なのだ。
全部使い切ってしまったのか、誰かにあげてしまったのか、どちらにしても再度入手するしか手はなさそうだ。そのマテリアルは記憶によれば2008年から2010年頃にブームが起きたはずだからどこかの店に在庫が残っているハズと考えたが、どちらかと言えばマイナーなマテリアルだったのでなかなか見つからない。ショップのホームページの商品ラインアップにないのはあたりまえ、見つかったと思ったらSOLD OUTの表示がいく手を阻んだり。唯一仙台のショップに在庫を見つけ速攻で購入。
f0022103_13581028.jpg
探し求めたマテリアル・・・エアベールウェブ




そして巻いたのがこのフライ。
ウイングの末端の始末はマルチグルーを使ってみたが、やや重い感じがあるし、有機溶剤を含むスプレーやフロータントをつけると接着効果が無くなるという情報もあったので、焼いて溶着させてもみたがあまり芳しい出来映えとはいえず、結局落ち着いたのは、つけまつげ接着用のグルー(笑)。

f0022103_1482367.jpg
ツイストウイングイマージャーモドキ



[PR]
Commented by gary at 2014-04-05 19:02 x
また随分とレアなマテリアルをお使いだこと。
岡崎の商魂たくましいS大将の言うように、バブルラバーシートを使えば良かったのに(笑´∀`)
Commented by standy at 2014-04-06 12:06 x
バブルなんちゃらは薄っぺらいスポンジシートでしょ?なんだかスポンジは水を吸うもの…というイメージがあってダメです。
テレビでツイストウイングのタイイング見たときに「エアベールウェブならこん面倒くさいことしなくてもシートを取り付けて捻じるだけで繊維状になって楽なのに」と思った次第です。
シート状のままウイング形状に整形してスペントパターンも作れるし…
いいマテリアルです。
手持ちがあったと思ったんですが見つからず、入手に苦労しました(笑)
by s_1046 | 2014-04-05 14:10 | フライタイイング | Comments(2)

FlyFishing Logdiary


by s_1046
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30