釣行レポート

鷹揚

開田に行くのなら「めんつゆ」買ってきて、と頼まれてから随分日が経ってしまった。忘れていた訳ではないけど、ちょっとした所用や体調の不良、はたまた台風の来襲と開田行きを阻む素因が現れては消える、繰り返す・・・といった状況で、心密かに考えていた「高原のトウモロコシ」も一緒に買ってくるという目論見も、トウモロコシの収穫が終わる時期が近づいてきては焦りさえ覚える。

休日を記したカレンダーと天気予報、カミさんの出勤簿を見比べて9月の25日に行こうと決めたのは決行の日の5日ほど前か。出発を阻む素因としてはイヌの散歩くらいのものとなり、そこは愛犬の「きなこ」に膀胱が破裂の寸前まで我慢して貰うしかない。

前日の夜、釣りの道具を2階のモノオキ部屋から階下の玄関に移し、準備万端の状態で朝を迎える。そして迎えた朝の空は、予定の朝焼けの空とは違う遮る雲のひとつない、朝日がふりそそぐ午前6時。取り急ぎ「きなこ」を散歩に連れ出し、出るモノは出せとばかりに草むらを中心に歩き回るものの、こういうときに限って出し惜しみをして時間がかかるばかり。おまけに自宅が見える最終コーナーに差し掛かったところでクルリと背を向け座り込む「帰宅拒否のポーズ」だ。そりゃ散歩の距離は短く残尿感はあるだろうが、こちらはそれほどノンビリと散歩に付き合ってはいられないのだ、察しろよ。
帰宅すればしたで、普段オレの朝食の準備などほとんどしないカミさんが、出勤に余裕があるらしく、コーヒーは淹れてくれるわ、キッシュとやらを暖めてくれるわとかいがいしく働き出すじゃないか。邪険にするワケにもいかず、時間はどんどん過ぎていく。結果、車のギアをDの位置に入れたのは午前7時。

まあいいや、今日はオツカイの買い物ついでに釣りをするのもヤブサカでない・・・くらいに構えてのんびりいこうと、爆釣期待ガツガツモードから渓魚の顔さえ見れれば御の字モードにシフトチェンジだ。
道中の工事渋滞にも鷹揚に構え、追い越し禁止区間で前をいく「枯葉マーク」を付けた軽四輪にも歩調を合わせ、国道の横を流れる魅力的な渓相の流れをながめつつ、高原へのトンネルを抜けた。

さて、どこに行こう・・・。

鷹揚に構えすぎて、目的地を決めてなかった。
とりあえず存在証明でも出しておくかと九蔵峠まで登り、御嶽を撮影しInsta Weatherにアップロード。さてどこに行こう(笑)。
f0022103_15413753.jpg
九蔵峠展望台から御嶽



ひとりだし、しんどいところはイヤだし、魚が居ないというのも困るし。ということでメジャーな川だけど多分人が入っていないエリアに向かう。案の定、先行者はいない模様。脱渓点に設定した場所に車を止め、トコトコと川沿いの道を下流に20分ほど歩き入渓。

何を思ったのか、珍しくエルクヘア・カディスをパイロットとして結ぶ。
反応はある。が、フライを咥えきれない小さな魚のようだ。案の定、最初にフッキングできたのは手のひらに収まるサイズのイワナ。ストマックをとるどころか、ストマックポンプに吸い込まれそうなやつだ。
ゆっくりと釣り上がっていくと堰堤下のプールでライズ発見。左岸から木の枝が張り出してきていて右岸寄りは遮るものがないという左利きにはおあつらえ向きのスポットにニンマリ。
フォルスキャストで水面を叩いてしまうという失敗にもかかわらず、エルクに出て来てくれたのは、手のひらからはみ出るサイズのアマゴ。それも色白の木曽美人。ストマックを捕るのは止めて写真を撮る。しばらくネットの中の木曽美人をぼ〜っと眺めてからリリース。やっぱ、きれいやなぁ〜。
f0022103_15431485.jpg
ちょっとサイズは小さいがとびきりの美しさ




その後はフローティングミノーのようなイワナが数匹。これは即座にリリース。そろそろ脱渓点かなというところで、護岸沿いに流れがあたる深場が現れた。ペースト状のフロータントの上からこれでもかというくらいパウダー状のフロータントをハケでまぶしキャスト。
流れが緩やかになりピックアップしようかというところで底から魚影。ドラグ起きるなと願いつつ流すとフライが消えた。リーダーもティペットも延びきっているはずなので、軽く合わせると心地よい感触が手に伝わる。この感触はイワナだ。
f0022103_15433746.jpg
イワナ特有の頭隠してというポーズ



イワナをネットに収めた後、少し釣り上がるとさっきは何もなかった場所に車が止まっている。さらに少し上がるとフライフィッシャーがひとり。自分の車が止めてある場所は目と鼻の先なので「この上に車が止めてあるので、釣りはせずに上に行かせて貰います」と挨拶だけして脱渓。

2時か・・・。
ガッツリとした朝食を用意してもらったので(笑)それほど空腹でもなし、ヒルメシは「霧しな」の蕎麦、うどんの試食セットと決め、「霧しな」の工場へ向かいお買い物。
f0022103_15435949.jpg
所望のめんつゆと稀少な生蕎麦、おまけのトウモロコシ



[PR]
Commented by kimama028 at 2013-09-26 18:14
ゆっくり自宅を出てのんびり釣りをしようと出掛けても、ついつい
目が血走ってしまう私。
ゆとりを持った釣りが出来るのは、何時になるのかな。。。
Commented by shingorou529 at 2013-09-26 21:59
素晴らしいお使いになりましたね!(笑
私も漸く先日トウモロコシを得ることができました!
甘くておいしいですよね~♪
めんつゆ、おいしい所あるんですか!?
私も次回はそれ買ってみます!
Commented by naru at 2013-09-26 23:56 x
なぜかStandyさんも行っているという予感がしていましたが同じ渓のはるか上流にいらっしゃるとは。電話すればそっちまで行ってご一緒出来たのに。そしたら僕も釣れたのに(涙)。
返す返す残念です。
Commented by sakanaloop at 2013-09-27 09:26
初めて木曽にnさんと行ってきました。しかも、同じ日だったようで。
結果は上記の通りです。

のんびりのお使いのついでにさかなの顔を見て、うらやましいです。
こちらは、お使いのなしでも釣れません。
Commented by standy at 2013-09-27 13:09 x
kimama028さん、私の場合ゆとりじゃなくってユルユルとしか動けないのでのんびりという選択肢しかないんです(笑)
Commented by standy at 2013-09-27 13:15 x
shingorouさんトウモロコシはすべり込みセーフで味わうことが出来ました。やっぱり開田のトウモロコシは超絶の旨さです。めんつゆは開田に工場のある霧しなの濃縮タイプです。愛知県内のスーパーなどで見たことがないので開田に来たら買うようにしてます。道の駅にもありますが、なぜか離れた道の駅賤母がいちばん安いです。
Commented by standy at 2013-09-27 13:21 x
naruさん、平日ですよ、仕事は?
私の場合目的地も決めずに行ったので、人の居ない場所ということで上流部を選びました。naruさんには悪いけど正解だった・・・とほくそ笑んでおります。今度は一緒に釣りましょうね。
Commented by standy at 2013-09-27 13:26 x
sakanaloopさん、木曽には美しい魚がいますからね〜、懲りずにお出かけくだい。
あっ、あと美味しいオミヤゲもたくさんあります。お土産を買うと次の釣行は釣れる!というジンクスが・・・。
by s_1046 | 2013-09-26 15:51 | 釣行レポート | Comments(8)

FlyFishing Logdiary


by s_1046
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31