整体

久し振りのタイイングは、エルクヘアカディスでも巻こうと思いデスクに向かう。さすがに久し振りと言いながらも、タイイングの手順は忘れていない。ところが・・・だ、問題のエルクヘアの処理がままならない。思うようなシルエットで完成させることが出来ない。しまいにはスタッカーをデスクにたたきつける音すらを煩わしく感じるほどに落ち込んだので、タイイングのターゲット変更。

こんな時には、小さなフライの方が「ボロ」が出にくいことは経験上判っているので、マジメに老眼鏡を装着して#20のフックをバイスにセットする。私の場合、老眼鏡を装着すると完全な固定焦点状態になるので同じ姿勢をとり続けることになる。もちろんそれだと身体が音を上げるのでひと工程がすむたびに背筋を伸ばして、目の焦点をあわせてから再始動。
そうして出来上がったのが、下の写真のCDCダン。番手からいってコカゲロウパターンだ。
f0022103_1862972.jpg

このパターンと言えば、ここのところ地震が頻発している地域にある超有名河川で時としてとても有効なパターン。ある時合いには、このパターンにしか反応しないことすらあるキラーパターンなのだが、最近の私はこのフライを目視する自信がない、まったくない。
無風で平水ならなんとか・・・と思うけど、あの超有名河川に出かけて強風や吹雪だった記憶はあるものの小さなフライを目視できるような状況だったのは数えるほどなのだ。心眼でフライの位置を確認できるような達人ならいざ知らず、固定焦点のオッサンにはチト辛い。

黄色いフライを巻くのに飽きたので、スレッダーに黒のスレッドを取り付け、小さめのパラシュートパターンを巻く。
f0022103_1819497.jpg

こちらは非常に汎用性の高いパターンで、いつでもどこでもというコンビニパターン。私の場合は使用頻度が高いので弾切れにおちいる率No.1のパターンだ。案の定、今回もボックスを点検してみると小さめのブラックパラシュートは欠品状態で少しストックするために多く巻いておこうとはじめたタイイングだったが、頸から背中にかけて「パンパン」に張ってきたのでタイイング終了。

そんな状態なので、いつの頃からかタイイングが済んだら近場の風呂屋に行って、1時間ほど身体を温め、ソフト整体というマッサージみたいなもんをして貰うことがルーティンとなってしまった。
ひょっとしたら、タイイングはマッサージを受ける口実なのかも・・・と考えるこの頃。
[PR]
by s_1046 | 2011-02-28 18:30 | フライタイイング | Comments(0)

FlyFishing Logdiary


by s_1046
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31