荒天

f0022103_2341858.jpg

私と沢好坊クン、ふたりが組んで釣行を企図すれば荒天が約束されたようなもの。
そんじょそこらの「雨乞いの儀式」よりナンボか降水確率が高いのはすでに実証された事実として、私たちのまわりの釣り仲間の中では市民権を得ているほどだ。
青空の広がる初夏の北海道、川面を流れる湿り気のない涼風にキャストを繰り返すと、怪物のような尾びれを持つトラウトがひったくるようにフライにアタック。次から次へと釣れるトラウト達は見事な姿態を持つネイティブばかりだ・・・、なんて夢をひっさげ北上した道南遠征では、豪雨と濁流のダブルパンチ。 その前年の北海道遠征は千歳空港に到着するなり雨模様で3日間きっちり濡れネズミになりながら帰りがけの千歳空港に向かう車中では約束されたように太陽が顔を見せる。おかげさまで北海道の見事な姿態のトラウトにはめぐり逢えなかったが、広大な平野に沈む夕陽は堪能することができた。
そんなふたりが、懲りもせずに初春の蒲田川釣行を企図してしまった。 今回の同行者はlefty_haruさん。 事前に「嵐を呼ぶ男」達の伝説は説明しておいたが、想像以上であったことは難くない。 東海北陸道の郡上あたりで降り出した雪は、やむ気配を見せず、高山市内に入ると一面銀世界。 平湯峠ごえが心配されるほどの積雪ではあるが、沢好坊クンのFord Explorer Eddie Bauer Version はガシガシ進む。 2日前にはドライな路面で簡単アクセスという情報だったが、そんな気配は全くなく、到着したものの着替えの場所を探すことすらままならない。 吹雪を避けるためにバス停で着替えを済ませ、川に向かう。
川は解禁時に解放されていた水門が閉ざされたにもかかわらず増水しており、比較的水温が上昇している割に虫のハッチは見られない。
例年ならおびただしい数の虫の死骸が雪面に見られるのだが、河原の雪はあくまでも白い。 それにも増して我々を悩ませてくれたのは暴風ともいえる横殴りの風。風が雪面を走るたびに雪煙が舞い立ち、顔面を直撃する冷気は痛みを感じさせる。
午前中は上流部を釣り上がり宝山荘で脱渓。 この状況にもかかわらずharuさんは魚の姿をカメラに収めていた、なんというか・・・さすがである。
午後からはメガネ堰堤付近、アルプス広場付近を釣るが、上流部よりはるかに風が凶暴になっている。 いつもならラインを出したまま遡行するときは軽くキャストを繰り返しながら歩いたりするのだが、ロッドをたてていればラインは凧揚げの糸のごとく中空を舞うと説明すれば理解していただけるだろうか。
そんな中、沢好坊クンがかがんで何かをしている・・・と思ったら、なんとデジカメを取り出しているぢゃないか。 偏光グラスの下の目は見えないが、頬がゆるんでいる。 
しかしそのまま時は流れ、身も心も疲れ果てたところでロッドオフ。
状況が悪かったとはいえ、悔いが残る釣行で、再度の挑戦を心に誓う。 そして蒲田らしい蒲田を見るためにも近いうちに、この川の流れに身を置きたいと思う。

釣行時、多大なる情報を与えてくれたlefty_haruさん、そして往復の運転を担当してくれ、目の前でヤマメを釣り上げ私を悔しがらせた沢好坊くんに深謝。
[PR]
Commented by lefty_haru at 2006-03-31 01:50 x
standyさん、お疲れでした。
4月になろうかというのに、まるで解禁日のような天候。
流石、最強伝説のお二人。

私もまさかここまで寒くなると思わなかったので、アンダーを薄手のものにしましたから、29日は足の先が死んでました。

先週行った人はパラダイス。今週は・・・。こりゃあリベンジ必須ですね~。
Commented by standy at 2006-03-31 08:37 x
haruさんこそ遠路お疲れ様でした。
もうこれを書きながら、眠いやら悔しいやらで書きなぐってしまいました。
またコンビ結成の折にはご招待いたします。 懲りずにお付き合いください。 
Commented by Tamakura at 2006-03-31 09:22 x
s_1046さん おはよ~ございます^^
秋田に棲む私が見ても萎えてしまうような状況での釣行、お疲れさまでした。^^;

お二人で雨乞い行脚すれば小銭が稼げそうですね。!!(-_-)=○()゜O゜)アゥ!

リターンマッチ釣行レーポートを待ってます。
Commented by standy at 2006-03-31 12:17 x
Tamakuraさん、おはようございます。
またネタになりそうな話題を提供しちゃいましたか?
小銭を稼ぐ博士と助手シリーズなんてトレビア~ンざます。
Commented by tokyo_terry at 2006-03-31 23:33
standyさん、こんばんわ!!
トーキョーは桜が満開ですよ〜。
なのに、この雪景色は・・・スゴい状況ですね。
ボクも地元の釣友とのコンビで釣りへ出掛けると
かなりの高確立で雨に降られます。
昨年は100%、パーフェクトで雨でした(ToT)
しかし、この雪はスゴいですね〜。
Commented by s_1046 at 2006-04-01 07:11
terryさん、コメントありがとうございます。
TVでトーキョーの桜を見てびっくりです。 こちらはちらほらといったところですね。ソメイヨシノにいたっては「ツボミカタシ」です。
蒲田川の写真は、風雪ともに弱まった一瞬に撮影したので、のどか感じに写ってますね。
Commented by sawakobo at 2006-04-01 09:32
standyサン、お疲れ様した。
盛夏の源流釣行並みの左股関節と両脹脛痛に襲われ、遅きに失した感がありますが、それでもミオナールのお世話になってしまいました。

私的にはジンクスだと思っているのですが、やっぱり伝説なのでしょうか?コレを打ち破る強烈な晴れ男(女でもイイですが)の出現が心待ちにされます。
Commented by s_1046 at 2006-04-01 12:13
私も、ミオナール飲みました。 効果はてきめん筋肉痛とはすでにオサラバしております。 体が元気になるとそれに反して悔しさがこみ上げてきますねぇ。 釣れた人は釣れない人にトラバなどしないで下さい。
悔しさが倍加しちゃいますがな。
Commented by 山猿 at 2006-04-01 22:34 x
山猿です、standyさん昼間はどうもでした。

あの店主の口車に乗るとそりゃもう大変ですから、さっと聞き流すようになりましたですよ。 確かに良い物は置いてありますけどね・・

blog拝見させていただきました、写真もとてもきれいでおまけに記事もしっかり書いてみえて感動物です。 私も見習わなきゃと痛感しました。 こちらもリンクさせて頂きましたのでよろしくお願いします。 
機会があれば是非釣行もご一緒させて下さいね。
では、今後ともよろしくお願いします。
Commented by standy at 2006-04-01 23:13 x
山猿さん、コメントありがとうございます。
そうです、そうです。 さっと聞き流すようにしないと身上が潰れます。

Blogお褒め頂きありがとうございます。
褒め返しではありませんが、山猿さんのホームページの方も拝見しました。 いや、実にタメになるページでした。 キャスティングが苦手な私にとっては教科書のようなキャスティングセオリーでした。 釣り以外にも興味津々な部分もあり、時間を掛けてゆっくり拝見します。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
Commented by amago_fish at 2006-04-01 23:48 x
沢好坊さんがstandyさんに次回の釣行は土曜日で....と沢好坊さんの
ブログでお誘いしているのを見かけましたが8日の土曜は遠慮してくださいね。
私、友人連れてリベンジの予定ですから~(笑)
あくまでも冗談ですが^^  (リベンジ予定は本当です)
Commented by s_1046 at 2006-04-02 00:00
amago_fishさん、コメントありがとうございます。
沢好坊クン、ああ言いながら私が「8日はどう?」と話を振ったら
「カミさんと出かける・・・」とあっさり断ってきました。
ですから8日は大丈夫です(笑)
amago_fishさんのリベンジ達成は私が保証します。
Commented by at 2006-04-02 22:49 x
こんばんは!
haruさんのレポでも見ましたが、スゴイ雪ですね~。
放水は終わっても、その雪じゃ解禁の時より厳しかったんでしょうね。

僕も年券買いましたし、仕事が落ち着いたら絶対また行くぞ~。



Commented by standy at 2006-04-03 10:43 x
洋さん、コメントありがとうございます。
雪でしたねぇ。 私は雪男なんでしょうか? 以前、開田高原に桜が咲く時期に出掛け、吹雪に遭ったこともあります。 雨や濁流ではあまり驚かないカラダになってしまいました。 哀しいです。

私も年券を手に入れたので、近いうち(ユキシロの出る前)に行きたいと思いますが、どうなることか・・・。
by s_1046 | 2006-03-30 23:48 | 釣行レポート | Comments(14)

FlyFishing Logdiary


by s_1046
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31